Special Contents

コンセプト
TOBU URBAN PARK LINE
Solaie 東武鉄道がお届けする「船橋“丘の手”計画」。ここちいい未来が、はじまる。 Solaie 東武鉄道がお届けする「船橋“丘の手”計画」。ここちいい未来が、はじまる。

私たちは鉄道という大きなインフラをベースに、街や住まい、そして暮らしのあるべき姿をずっと考えてきました。
1911年に開業した東武野田線に、2014年4月より路線愛称名「東武アーバンパークライン」を導入。
東武鉄道は今、その沿線開発を通じて、都市と自然が美しく重なりあうこのエリアを使いこなす、
心地よく快適な暮らしのカタチ「アーバンパークライフ」を提案しています。
その新しいプロジェクトとしてお届けするのが「ソライエ船橋塚田」です。
「船橋」駅の利便性を間近に、そこからわずか2駅4分の「塚田」駅徒歩6分。イオンモール船橋へも徒歩9分。
めざましく発展する丘のエリアの空を感じ、緑を感じる気持ちのいい環境で満喫する、
まさに「ソライエ」のコンセプトにふさわしい全129邸の大規模レジデンス。
ゆったりしたリズムで、自分らしく高台の時を過ごしたい。
そんな家族のために東武鉄道が贈る「船橋“丘の手”計画」いよいよ始動です。

東武鉄道の暮らしにかける想い。その答えとしての「ソライエ」ブランド。 東武鉄道の暮らしにかける想い。その答えとしての「ソライエ」ブランド。

東武鉄道が「空のように、ここちいい未来」をコンセプトにお届けする、暮らしのブランド「ソライエ」。そこには長年にわたって「本当に住みよい暮らしとは何か」を求めてきた私たちの想いが込められています。安心に満ちた日々、街と住まいのここちいい空間、人とのつながり・・・。澄んだ青い空のように、気持ちよく、自然の恵みを感じながら、大きなやすらぎに抱かれる暮らし。この思いが結実する東武アーバンパークライン沿線の新しいプロジェクトにご期待ください。

高村 晃

※掲載の画像は現地周辺を撮影した航空写真(2015年1月撮影)に加工を施したもので実際とは異なります。