Special Contents

住空間設計
専有プラン(Bタイプ)概念図 拡大する 一緒にいる時間を大切に考えたら、居心地のいい住まいができました。 一緒にいる時間を大切に考えたら、居心地のいい住まいができました。

住空間のディテールを設計する上で目指したもの。
それは、家族同士のコミュニケーションを育みながら、大人も子供にもやさしく、そしてずっと心地よく暮らし続けていけるような場所。
ゆとりや機能性、上質さといった住まいの本質をしっかりと見つめるのはもちろんのこと、たとえば共用で使う収納の提案や、多世代の方がスムーズに使えるバリアフリーの発想。
家族のライフスタイルに応じてフレキシブルに空間を使えるウォールドア。
語らいを育む対面キッチンや、親子で楽しむゆとりのバスルームなど。
一緒にいることがうれしくなるような空間を追求することで、家族みんなにとって居心地のいい住まいが生まれます。

図

生活のしやすさには理由がある。細やかで機能的な設計を随所に。 家族の荷物や思い出の品をすっきり片づけるには、たっぷりした収納スペースが欠かせません。そこで家族それぞれにとっての機能性を考えて、各居室にゆとりの収納を配置。また大容量の「ファミリークロゼット」は、主寝室と廊下から家族みんなが出入りできる2way仕様。中に入って見渡せるから使いやすく、忙しい時も便利。家族のふれあいもさりげなく育みます。

ファミリークロゼット概念図 布団クロゼット 概念図
  • ファミリークロゼット ウォークインクロゼット
  • パントリー シューズボックス
  • 複層ガラス
  • マルチメディアコンセント
  • ドアキャッチャー
  • お掃除が簡単なウッド調バルコニー
  • 耐震ラッチ
  • ガラス手摺り

その日のライフシーンに合わせて、あるいは家族の成長に合わせて空間を変えていく、フレキシブルな「ウォールドア」の発想。 リビングと洋室の間仕切りを可動式にした「ウォールドア」を採用。夫婦二人のあいだは、開放して広々したリビングとして、やがて子供が生まれたら、洋室側にフロアマットを敷いてオムツ替え&ハイハイスペースに。また友人が遊びにくるときは、扉を閉めてすっきり空間に。使い方やライフスタイルの変化に合わせての利用が可能です。

ウォールドア概念図
どの世代にも使いやすく、暮らしやすい空間を考えることで生まれたのは、いまも、ずっと先の将来にも快適な永住志向の住まい。 どの世代にも使いやすく、暮らしやすい空間を考えることで生まれたのは、いまも、ずっと先の将来にも快適な永住志向の住まい。
  • 手摺り下地
  • コンセント位置
  • 玄関プッシュプルドア
  • フラットフロア
  • TES温水式床暖房
  • ワイドスイッチ

※掲載の概念図は計画段階の図面を基に描き起こしたもので、形状・色味等は実際とは異なります。外観形状の細部・設備機器等は簡略化しております。予めご了承ください。
※掲載の室内写真はAタイプモデルルームを撮影(2016年1月)したもので、モデルルームオプション等、有償商品も含まれております。家具・調度品等は販売価格に含まれません。なお、オプションは、お部屋のタイプによって設置できない場合がございますので、予めご了承ください。