Special Contents

マイナス金利導入による史上最低金利継続中! 住宅購入は早めの決断がオススメ マイナス金利導入による史上最低金利継続中! 住宅購入は早めの決断がオススメ
頭金を貯めてからが、正しい購入の仕方? 購入時期の違いによる3つのケースで比較してみました。 頭金を貯めてからが、正しい購入の仕方? 購入時期の違いによる3つのケースで比較してみました。 例えば、4,000万円のマンション購入をする場合 例えば、4,000万円のマンション購入をする場合

※●融資金利/0.625%●返済方法/元利均等返済(概算で算出)●家賃(月々)12万円 ※1:44,544,752円 ※2:37,814,649円 ※3:57,214,649円 ※4:58,944,752円

つまり...家賃を支払いながら貯蓄するより今すぐ、購入する方がお得な場合も!? つまり...家賃を支払いながら貯蓄するより今すぐ、購入する方がお得な場合も!?
住宅ローンは”もしもの時”に家族を守る 住宅ローンを組む場合、「団体信用生命保険」に加入することになります。 住宅ローンは”もしもの時”に家族を守る 住宅ローンを組む場合、「団体信用生命保険」に加入することになります。 45際でご主人様が亡くなった場合の持家と賃貸の違い Check! 団体信用生命保険の加入条件はご存知ですか? Check! 団体信用生命保険の加入条件はご存知ですか? つまり...持家は、賃貸と比べ快適に暮らせ、もしもの時は大切な家族の為に資産を残せます! つまり...持家は、賃貸と比べ快適に暮らせ、もしもの時は大切な家族の為に資産を残せます!
金利と税制から見た買い時は? マイナス金利導入における史上最低金利の今が買い時!?低金利に加え、金利引き下げ幅や住宅ローン控除などのバックアップがあります。 金利と税制から見た買い時は? マイナス金利導入における史上最低金利の今が買い時!?低金利に加え、金利引き下げ幅や住宅ローン控除などのバックアップがあります。 住宅ローンの金利は低水準 長期で見ると低金利時代が続いて、さらに金利引き下げ幅が拡大 金利が史上最低水準となり、支払い額は大きく低下 長期で見ると低金利時代が続いて、さらに金利引き下げ幅が拡大 金利が史上最低水準となり、支払い額は大きく低下 住宅ローン控除について 住宅ローン控除について Check! 住宅ローン控除とは? Check! 住宅ローン控除とは? 住宅ローン控除は10年前と比べると最大145万円もお得です 住宅ローン控除は10年前と比べると最大145万円もお得です つまり...「史上最低金利」「過去最大金利引き下げ幅」「住宅ローン控除の拡大」により約10年前と比べて最大約940万円以上もお得に! つまり...「史上最低金利」「過去最大金利引き下げ幅」「住宅ローン控除の拡大」により約10年前と比べて最大約940万円以上もお得に!
Mr.野中のコラム Mr.野中のコラム
執筆者プロフィール 野中 清志 住宅コンサルタント 株式会社オフィス野中代表 宅地建物取引士 執筆者プロフィール 野中 清志 住宅コンサルタント 株式会社オフィス野中代表 宅地建物取引士
建築費動向 今後一層の建築需要の増加が見込まれており 建築費の上昇も予想されます。 建築費動向 今後一層の建築需要の増加が見込まれており 建築費の上昇も予想されます。

建築費は上昇傾向です。2005年を100とする指数では、2015年には約117と上昇傾向が続いています。東京五輪の関連施設 の建設や再開発などが本格化してくると、今後一層、建築費の上昇も予想されます。国土交通省は国や自治体が公共工事の費用を 見積もる際に使う労務単価について2016年2月から前年度比4.9%引き上げを発表するなど、今後の建築費について先高感を 持っていることが分かります。

建築費指数の推移 人件費も上昇傾向に! 建築費は上昇傾向。東京五輪による建築ラッシュにより一層の上昇も!? 建築費は上昇傾向。東京五輪による建築ラッシュにより一層の上昇も!? 金融緩和と住宅ローン金利 低金利の恩恵を最大限に活用するために早めに住宅ローンを組むことが重要。 金融緩和と住宅ローン金利 低金利の恩恵を最大限に活用するために早めに住宅ローンを組むことが重要。

アベノミクス3本の矢のうちの一つである「大胆な金融緩和」が実施され、史上最低水準の金利になっています。現在史上最低水 準と言われる住宅ローンの金利はさらに低下しています。住宅ローンは借入額が大きいため金利が1%違うだけでも、総返済額が大きく変わります。

住宅ローン金利が1%上がったら? 0.5%と比較して約2,150万円も負担増! 低金利が続き、住宅ローンを組むには絶好のチャンス! 低金利が続き、住宅ローンを組むには絶好のチャンス! 老後破たんと住居費の関係は老後の「収入」と住居費などの「支出」のバランスを考えて住宅購入計画を立てることが重要です。 老後破たんと住居費の関係は老後の「収入」と住居費などの「支出」のバランスを考えて住宅購入計画を立てることが重要です。

定年時点での住居費のローン残高が重要なので、現在の低金利を利用するためにはなるべく早くローンを組んで、返済期間を短くすることが、総返済額を減らすポイントとなります。賃貸の場合と違いマンションを購入して住宅ローンの返済が終われば、自分の資産となり老後の生活も安定します。

定年前に住宅ローンの完済が理想だが、なるべく残債は少なめに! 定年前に住宅ローンの完済が理想だが、なるべく残債は少なめに!